油彩画用のメディウム

油彩画用のメディウム

クサカベ画溶液の使い方 応用編

クサカベ画溶液を使った油彩画の表現がイメージできるようになったら今度はワンランクアップの表現方法を見ていきたいと思います。光沢を出したり絵具を重ね付けして透明感や重厚感を出す表現で、作品の印象は大きく変わります。参考にしてくださいね。
2021.05.07
油彩画用のメディウム

クサカベ画溶液の使い方 基本編

油彩画に欠かせない画溶液。初心者にとって描き始めから仕上げまで、どの画溶液をどのくらいの量で使えばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、クサカベの画溶液の基本的な使い方に注目して、おさらいしていきたいと思います。描きたいイメージによって個人差はありますが一例として参考にしてみてくださいね。
2021.05.07
油彩画用のメディウム

クサカベ画溶液 こんなときどうする?失敗編

「クサカベ」の画溶液は初心者向けのペインティングオイルから特殊なオイルまで揃っていますが、使い方を間違えると大変なことに。そこで、トラブルになった原因と気をつけるポイントを見ていきたいと思います。あくまで一例ですが参考にしてみてくださいね。
2021.05.07
油彩画用のメディウム

クサカベ画溶液 描画オイルと画面保護材

画溶液の特徴は大きく4種類に分かれます。ペインティングオイルの元となるの「基本素材」と画面修理や定着用に使用する「補助材料」そして「描画オイル」、仕上げニス用の「画面保護材」です。このブログでは「描画オイル」と「画面保護材」を詳しく見ていきたいと思います。
2021.05.07
油彩画用のメディウム

クサカベ画溶液 基本オイルと補助オイル

油彩画を描く上で欠かせないのが画溶液です。画溶液の選び方ひとつで作品の仕上がりが全然変わってきます。 「クサカベ」の画溶液は初心者向けのペインティングオイルから特殊なオイルまで揃っていますが、かなりの種類があるので迷ってしまいますね。そこで、どんな種類のものがあるのか、オイルの違いを詳しく見ていきたいと思います。
2021.05.07
油彩画用のメディウム

油彩画で使う画溶液〜ホルベイン編

油彩画を制作する際に用いられる画溶液は、選び方や使い方次第で作品の仕上がりが大きく変わってきます。画溶液には絵具ののびを良くしたり、乾燥速度の調整や、画面を保護する役割など、さまざまな効果や目的を担っています。 そこで、最低限知識としておさえたいという画溶液をご紹介したいと思います!
タイトルとURLをコピーしました